自動車本体だけでなく・・・タイヤ企業トップ10でも日本勢が上位に並んでいる!

自動車は実に多くの部品が組み合わさってできた乗り物であり、エンジンやトランスミッション、ステアリングなど、あらゆる部品がその安全性や走行性能に影響をもたらす。そしてまた、自動車本体と組み合わせて使用するタイヤも、自動車の走りを大きく左右するパーツの1つなのだ。中国メディア・東方網は16日、世界の大手タイヤメーカーランキングのトップ10に、日本資本の企業が3つも入っているとする記事を掲載した。  記事は、「タイヤは自動車を使った生活では欠かせない製品だ。一見取るに足らないもののように見えるが、実はその製造に求められる技術力は決して精密機械分野に引けを取らないのである」としたうえで、世界で売れている大手タイヤメーカーのランキングを紹介している。  ランキングは1位から順に、ブリヂストン、ミシュラン、グッドイヤー、コンチネンタル、ダンロップ、ピレリ、ハンコック、ヨコハマ、台湾メーカーの正新、中国大陸メーカーの中策となっている。記事はこのうち1位ブリヂストン、5位ダンロップ、8位ヨコハマという3メーカーが日本資本だと伝えた。

Tire Background

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です